上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在様々な場面でクレジットカードを使用できるようになっており、買い物でも百貨店やスーパーやコンビニ、食事でもレストランや居酒屋、ほとんどの場所で使用できるようになっています。

ただし、金額の大小で使い分けていたり、手元に持ち合わせがないときに使用したりするという人もいます。そういったケースでは、使用回数が少なく、年に数度ということも珍しくありません。ところで、現在ではクレジットカードの悪用を防ぐために、使用の際にサインではなく4桁の暗証番号を入力することを求められたりします。しかし、使用回数の少ない人はうっかり忘れてしまったりする場合もあります。

大抵の場合3回間違えるとロックが掛かり、使用できなくなります。そういったときの確認方法ですが、インターネットか電話でカード会社に問い合わせる必要があります。ただし、例えば電話で問い合わせてもその場ですぐに教えてもらえるわけではありません。電話を掛けている人が本人に成りすましている可能性があるからです。

まずは、手元にあるカード番号や、住所、氏名、生年月日、電話番号などで本人に関する事柄を確認します。そして受付後、1週間前後でカード会社から、暗証番号を記載した封書が届きます。暗証番号を忘れると不便になるケースもありますので、本人管理は重要になります。
ひと昔前、それこそ日本におけるクレジットカード創世記とも呼べる時代は、「クレジットカード」と言えば、ショッピングの際に、現金の代わりに支払いをおこなうことができるといった機能のみでしたが、今ではキャッシングサービスや旅行保険をはじめ、空港ラウンジサービスなど、さまざまな機能を付帯しています。

また、クレジットカード自体の種類も今では「無限大」とも表現したくなるほどにとっても豊富です。それこそ、以前でしたらクレジットカードは、大手銀行が発行していました。

しかし今ではデパート各社、それに地元のスーパーマーケット、航空会社、スポーツ団体、ガソリンスタンドなど、実にさまざまな会社がクレジットカードを発行しています。それに、各カードで特典も特徴もさまざまです。

マイルをお得に貯められるものもありますし、カードを使うことで割り引きサービスが受けられるもの、またカードを提示することで、一般とは違う特別なサービスが受けられるものなど。

このように、カードを発行している会社の種類もさまざま、またカードに付いている特典も実にさまざまだと言えるのです。ただ、共通していることは、当然のことですが、カードにて商品の支払いがおこなえるという点です。
お店で買い物をしたり、インターネットで買い物をする時の支払いは、クレジットカードの利用が断然お得です。
お店では通常現金払いが一般的ではありますが、それをクレジットカード払いにすると、所定のポイントを貰えます。
インターネットで買い物をした場合にも、支払いを銀行振り込みや代引き等にするよりもカード払いにするとポイントが貰えます。
確かに1度にもらえるポイントは数ポイントではありますが、チリも積もればで、いつの間にか溜まって行きます。

クレジットカードに初回入会をすると、多くのカード会社ではキャッシュバックキャンペーンを行っている時があります。
買い物に使えるポイントを付与してくれる事が多いのですが、これもあるのと無いのとでは大きな違いがあります。

クレジットカードは公共料金等の支払いにも利用できます。
通常は自動口座振替にする事が多いかもしれませんが、支払い方法をクレジットカード払いにすると、あっという間にポイントが溜まります。
これもまたお得な事ですね。

買い物の支払いにカードを使用することで、財布の中身を気にしなくても済むので、その時もまた心の余裕が生まれてお得な気分になれます。
また、カードを持っているという事だけでも、社会的信用を得る事が出来るので、最低でも1枚は持っておきたいものです。
クレジットカードを持っていると
国内外の加盟店で現金をお財布から出すことなく、
カードだけでスマートなお支払いができるので海外旅行に持っていくと大変便利です。

海外では何かとトラブルが多いものですが、
海外旅行保険が自動付帯されているクレジットカードなら、
海外で万が一、病気やけがをしても安心です。
海外では救急車を呼ぶだけでもお金がかかることがあり、
治療費が高額になる国がたくさんあります。
利用付帯のカードの場合はカードで旅行代金をお支払いしましょう。

また、クレジットカードにはキャッシング枠も備わっていて、
なかには海外キャッシングができるカードがあります。
これなら海外のATMから現地通貨でキャッシングすることができます。
両替所で両替することがなくなり手間がかからない、
両替所の高い手数料をお支払いしなくて済む、
余分な現地通貨を持ち歩くこともないので治安の不安な海外で歩くにも安心など
さまざまなメリットがあります。

ATM利用手数料とキャッシングの利息のお支払いが必要ですが、
帰国してすぐに返済してしまえば、わずかなコストです。
ATMの言語は英語を選んで操作を行えます。日本語が使える機種もあります。
操作の仕方をシュミレーションできるサイトがあるので、事前に試しておくと良いでしょう。
クレジットカードを申し込む前に比較検討するとき、年会費がどうなっているか、カードポイントの還元率がどれくらいかなどで選ぶ人も少なくありませんが、迷った時には付帯保険の充実度で選ぶのも一つの方法です。

特に頻繁に海外旅行に出かける人には、海外旅行傷害保険がつけられているクレジットカードを選んでおくと、その都度保険に入る必要がありませんので便利です。

なお、付帯保険には自動付帯と利用付帯があり、前者はそのカードを所有しているだけで保険の対象になりますが、後者は旅行中にカードを使用しなければ対象外となってしまいますので要注意です。

できれば自動付帯になっているカードを選ぶようにしましょう。なお、海外では日本の健康保険が効きませんので、簡単な怪我や病気でも、かなり高額な治療費になることが珍しくありません。

死亡や後遺症の保険金額が高額かということだけだけでなく、それよりもかかる可能性の高い軽傷の場合でも使える、幅広い内容でカバーしてくれるものを選びましょう。

また、グレードが上のカードになると、海外だけでなく国内旅行でも付帯保険があるものもありますので、旅行に行くことが多い人は、年会費よりもお得になるケースもあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。